記事一覧

イベントや行事
2022/09/09
みなさん、こんにちは!
医療・福祉のお仕事紹介サービス
「アモンメディカル」ブログ担当のKです♪


日本では、もうすぐ紅葉を楽しめる季節がやってきます。
過ごしやすい季節で外出もしやすい時期

私たちの仕事では、
人生の達人になられているご高齢者様から、
どのような暮らしをされてきたかという事や
「おばあちゃんの知恵」
などに触れる機会が多く新しい発見も色々あります。

昔から伝わる日本の風習色々なイベントも
どんな目的があったのかを知ることも
過ごされてきた生い立ちや地域
お話の中からでも色々と知り学ぶことも
あります。
保育職に就かれている方は、
これから大人になる子供たちに
先人の知恵や技を
どのように伝えていくかという事で
悩まれたり苦慮されていると思います。


施設で生活のイベントとして季節や地域の風習を
感じられる工夫もされていると思います。

季節などを感じながら
お正月、節分、雛祭り、端午の節供、お彼岸、
七夕、お盆、お月見など多くの年中行事があります。
七五三、成人、還暦など人生の節目を大切にした
イベントなどがありますが、

最近は簡略化されることも多く、
お中元やお歳暮
暑中見舞いや年賀状等
送らなかったりライン等で形を変えるなど
経済的・合理的で日本的の文化や伝統
年中行事や習わしも年々日々変化し
子供の頃に知った行事や風習より消滅衰退している
イベント事も多い気がします。


毎年本日9月9日は
『重陽の節句』(菊の節句)といわれています

耳にされたことありますか?


重陽の節句とは、
 陽(奇数)の数字が重なる日を節句とする
五節句(桃の節句・単語の節句)のうちのひとつで
9月9日は最も数字が大きい日が並んでいることで
1年で最もめでたい日で、中国では縁起の良い数字が
重なることで逆に不吉な日とされ、もともとは厄払いする日
として捉えられていたそうです。

重陽の節句には
厄祓いに菊を活けて眺めたり、
菊を漬けた菊酒を飲んで
無病息災・子孫繁栄を願う日で
ひな人形を飾り『後(のち)の雛』として
大人のひな祭りとしている風習もあるらしいです。

この大人のひな祭り
初めて聞いたのですが、
ひな人形を飾ることで、風を通して虫やカビを防ぐ(虫干し)
をする意味もあったり、と同時に、
人間の姿をしたひな人形を大切にすることで、
持ち主の不老長寿を願ったのだそうです。

その他にも
その風習や行事が残っている地域では
形を変えながら全国各地で受け継がれている行事も数多く

「長崎くんち」
「唐津くんち」
「博多おくんち」は「日本三大くんち」があり、

「長崎くんち」は400年近く続く諏訪神社の礼祭があるそうです。
国の重要無形民俗文化財にも指定された歴史ある祭り
いつか行ってみたいなぁと思います。


七草の節句に七草粥を食べるように、
重陽の節句にも旬を取り入れた
日本特有の行事食があるようです。
施設や病院の献立に含まれているかもしれません。


新暦・・・2022年9月9日
旧暦・・・2022年10月4日


旧暦で行われることも多いそうです。

介護のお仕事は、
色々な風習やイベントがあることを
知ることが出来る機会があり、
その裏には
理にかなった理由や
様々な歴史があり、
気遣いや思い知恵や願い
感謝の念を込められながら
形を変えて長く受け継がれてきたことを
普段のお仕事の中で、ご高齢者様と関わりを持ち
お話をしたりする中で
直接知ることが出来る機会を多く持ち
学べるお仕事でもあります。
人と触れ合う仕事は楽しみがいっぱいあります。

今の職場環境はいかがですか?
お仕事情報や、働き方についての迷いや不安を感じたら
疑問や相談にも一緒に考えさせていただきます。
ご不明点などございましたら
株式会社アモン迄お気軽にお問い合わせくださいませ。

2022年9月10日中秋の名月
お空をみあげお月様見えますように